スポンサード リンク

「歌姫」 第2話あらすじ

★「歌姫」 第2話あらすじ

出来レースであるのど自慢大会の当日。クロワッサンの松 (佐藤隆太) が送り込んだ 芥川 (秋山竜次) がじゃまして緊張してしまって歌うことのできなかった 鈴 (相武紗季) は泣き出してしまう。それを目撃した 太郎 (長瀬智也) は激怒し、芥川となぜかケンカでなくのど自慢の歌で勝負することになる!

けれども芥川の歌声を聞いた太郎はそのプロ級の歌声に驚き、神宮寺 (大倉忠義) や 勝男 (高田純次)、浜子 (風吹ジュン) ら観客たちもびっくりする。続いて 旅館経営者の鯖子 (斉藤由貴) の登場に観客は唖然とする。そしていよいよ太郎が飛び入り参加することになる。

勝男と浜子の長女で鈴の姉でもある・泉 (大河内奈々子) が出産のために東京から帰ってくる事となる。泉の夫である 晋吉 (西村清孝) も一緒に帰ってくる。にぎやかで落ち着きのない晋吉に岸田家の皆々はつかれてくる。それにも関わらず夫のいいところを迷わずに挙げ幸せそうな姉を、鈴はとてもうらやましく思う。そんな妹の姿を見て、泉は太郎との仲がどうなっているのか鈴に尋ねてくる。

そんな中、晋吉が不審者に襲われ、太郎と勘違いされたのではないか、という意見にに太郎は…。

一体どうなってしまうのか今から次回放送が楽しみですね。
posted by 歌姫 at 13:38 | 「歌姫」あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。