スポンサード リンク

「歌姫」 第1話感想

★「歌姫」 第1話感想

「歌姫」ついに放送されました。

みんな土佐弁で役を演じるところは凄いなあっっと感心しましたね。
主人公の孫である小泉旭はどこか頼りがない駄目な男だったけど、主人公の四万十太郎はスゴク男気溢れる青年で長瀬智也かっこよかったですよね〜。

土佐弁で熱演でした。

出演者みんな凄く役が合っていたと思います。私が凄いなあっと思ったのは斉藤由貴が演じた鯖子さんです。スンゴイ顔をして手当たり次第自分の旅館に誘う姿はすごかったですね。こわかった(わら)。

山之内一家の陰謀でのど自慢が開かれる事になる。優勝商品はなんと自動三輪車で主人公の太郎が欲しがっている事を岸田鈴が(相武紗季)その事を知る。そこで好きな太郎のために歌を練習する姿は何だか可愛かったです。太郎の事が好きなのにその事を言えずにいる姿はもどかしさをかんじるほどですね。がんばれ〜って応援したくなりました。でも山之内一家が鈴の邪魔をしたときの長瀬智也は鈴の事を守るためにブチ切れ状態。本当の男のカッコ良さをみせてくれました。

青春ですね〜。

青春といえば主題歌も青春ですね。しっかりドラマとマッチしていて非常に良かったと思います。さすが長渕剛って感じです。CDを買う事を決めました。早く発売して欲しいです。

のど自慢の話はまだ終わっていなく次回に持ち越されることになっています。主人公の太郎と山之内一家の子分(ロバート秋山)が対決するような流れで話が終わりました。次回で太郎は自動三輪車を手に入れられるのか?ぜひ手に入れて欲しいです。今から来週が楽しみです。
posted by 歌姫 at 12:59 | 「歌姫」 ドラマ感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。